ハブラシ

2008年01月30日
■ハブラシの選び方
1)毛のかたさ
かたすぎないもの


かたすぎるハブラシは、歯肉の擦過傷、退縮、歯根露出、クサビ状欠損の原因となり、知覚過敏を引き起こします。
image003.jpg 
ムシ歯でもないのに歯がシミる。日本人の4人に1人が知覚過敏
image006.gif
 

2)ヘッドの大きさ
コンパクトであるもの
(3列植毛、2cm程度の大きさが目安)

3)柄のかたち
ストレートなもの

 ■ハブラシの交換時期
 
image007.gif
毛先磨きをしましょう!
 
image009_1.png

image013.png
image015.png
image019.png
新しいハブラシ 取り替え時期 使いすぎ
1ヶ月以内に毛先が広がるようでしたらブラシ圧が強すぎます!
image017.gif  ※交換の目安は約1ヶ月
(毛先が広がっているもので磨いてもあまりプラークは取れません)



  当院のオススメ
 1)タフトimage025.jpgimage023.gif
・コンパクト
・4種類のかたさ
・購入しやすい
 2)プラウトimage027.jpgimage023.gif
・磨きにくい場所
・マグフィット
 

   
 3)ペンフィット efイフimage023.gif
・歯肉に炎症のある人

すこしやわらかめなので、
歯肉の下がりぎみの人におすすめ

毛先が細いので、
よりこまかなところが磨きやすい
image030.jpg
image032.jpg
 

   
image035.gif ー音波振動ハブラシ PRINIAー

1分間に30,000回の超高速音波振動で毛先が微振動!

★手磨きの100倍、電動歯ブラシの5x10倍の速さ!
image036.jpg


お気軽にスタッフにお聞きください。体験できます!

 
Comment(12) Trackback(0)
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています